Paranoid Frontier

Honey Pharmacyの活動情報、作品感想、ボヤキ等オタク嗜好丸出し中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

キーマンはクランだったのか…

なんかもう、ずっとモヤモヤして、今までの話を見直したり考えたりしてて、気がついた事。
いつもいつも、アルシェリにはクランが手を貸している。
クランはミシェルが持ってきた薬から事情を誰より早く、詳しく知ってる人物故に、シェリルに加担しちゃってるところが多い。

ランカの学校でのライブの時、クランがシェリルを引き止めてアルトと話す事を促し、二人の関係を誤解したランカは、歌が歌えなくなり、バジュラの攻撃が激しくなった結果、ミシェルが死亡。
ランカを連れ戻す、と決めていたアルトにシェリルの死を教えて、それを知ったアルトはシェリルのそばにいる事を決意。→SMSの大人たちのほとんどが離軍し、若者のみのフロンティア軍部は戦いもまだ未熟。(高校生が中尉って…)そしてアルト被弾。
ランカを殺すと告げたアルトに「それがお前の愛か」で、シェリルはアルトの気持ちが同情だったと思ってしまい(どうだかはまだ不明)アルトとの別れを決意。

結果だから仕方ないにしろ、あの時クランがシェリルを引き止めてなかったら、もしかしたらミシェルは死なないで済んだのかも…とか思うと切ないなぁ。

一方、ルカはナナセの親友だからか、ランカを応援。しているが、いまいち自分の事で精一杯の彼はあんまり力にならず。(誕生日のときだけだったな、彼の活躍は…)

こう見てみると、やっぱりアルトって、他人に振り回されてるところが多すぎるんだよねぇ。状況に惑わされてるっていうか…根本にある想いは、まだ見えてないかんじがどうしてもしてしまうので、やはりランカエンドの方がしっくりくるような…

「お前みたいないい女は、俺が一人占めしちゃいけない」
くらいの台詞言ってくれたら、それでシェリルはOKだと思うんだよね。
でもランカには
「俺はシェリルを愛してる」
とは言えないよねぇ?
言葉さえ交わせずにランカ消滅とかだったら、もっと心の傷大きいと思うぞ。
観ている人たちが、納得できるには、ランカの居場所を確保してからでないと、アルシェルは歓迎できないと思われるし、ランカの誤解が解けて復帰したが、しかし目の前でアルトがシェリルを選択、ってのはランカには耐えられないと思われるんだわ。(そんなに弱くないか?)

それに。
これだけシェリルを押してる事が、返って怪しいんだよねぇ。(実はそれが一番)
みんなをシェリルにあえて向けさせてる気がしてならん。
これ、もしかして第2弾をシェリルのスピンオフで作ろうとか考えてるんじゃあるまいか?
どうなの?スタッフゥ~
スポンサーサイト

マクロス・フロンティア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神が降りてきたかも!? | ホーム | 言ったそばから >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。