Paranoid Frontier

Honey Pharmacyの活動情報、作品感想、ボヤキ等オタク嗜好丸出し中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

心は5月へ

今更なんですが、TV版の補填などの話を進行中。

最終回後の話はすでに描いてるんですが、途中の話でも、なんだか中途半端に進んじゃってる所、結構多かったよなぁ、と思って、まずは
第10話「レジェンド・オブ・ゼロ」
から。

今まであんまり登場させてあげてなかったので、ここらでひとつ、彼(彼女?)を。


ボビー


あの回でのボビー姉さんは、とても重要な役だったよね。
しかもランカの専属メイクさんなんて、かなり贅沢。
無理矢理ついてきちゃったんかなぁ、とか。

オズマの妹のランカちゃんは、アタシが綺麗にするのよ!

てな感じか?


思えば、アルトって可愛がられてるのに、自分からは他人に寄っていかない子だったのね。
カナリアもキャシーもオペレーターの子たちも、結構好意的だったと思うんだけど、ほとんど絡まず。

ひとりで生きてひとりで死ぬ

みたいな気持ちでいたせいだと思うけど、その割にはランカの事は気にしてたねぇ。
やっぱり歌手になるためのきっかけ、というか、背中押してやった責任は感じてたはずなんだよね。
だが、いかんせん、TV版のランカは子供すぎた。
それがいまひとつ、恋愛モードには弱かったところだなぁ。
なにもかもが、シェリルと対照的に仕立てたために、マイナス点も背負わされて(状況ではなく)不憫な子だよ、まったく


だからこそ、こんなに劇場版にのめりこんでるんだわな、自分。


スポンサーサイト

テーマ:同人活動日記 - ジャンル:アニメ・コミック

マクロス・フロンティア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<だからそんな所に置かないでって | ホーム | ランカさんが大変な事に!!!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。