Paranoid Frontier

Honey Pharmacyの活動情報、作品感想、ボヤキ等オタク嗜好丸出し中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

だからそんな所に置かないでって

マクロスエース買ってきました。

マクロスA3



劇場版の考察というかまとめみたいなのも載ってまして…

なんというか、その程度なの~?
みたいな(笑)
もう少し「おおっ、そこか~」な部分があれば、読み甲斐があるってものなのにねぇ。
今回では、ランカ有利、みたいな表記してるけど、確か前回は
「シェリルとアルト、銀河のビックカップル」みたいな事書いてたよねぇ?
公開前はそれで煽り、公開してみたらそっちかよ、ってまったく、都合良過ぎ(笑)
でもまあ、単純に観たら、そういう風には見えるって事だよね。
アルトとシェリルに関しては、TV観てた人はその延長線に、2人の関係がある、ってのが分かってるから、何かあるはず、って思うけど、初見だと憧れに似た感情と恋愛は別物と見れる。
劇場版のシェリルはアルトに好意はあるけど、自分からは積極的に恋愛には踏み込まない。
シェリルの病気は、フォールド波強化ってことで、間違いないわけだから、そこら辺りをどうアルトに使うのかがアルシェリの進む道なのかなぁ、とは思うけど、監督曰く
「テレビの面影はバジュラ本星が出てくるくらいしかないかも」
らしいので、案外、さらりとアルトとランカに分かってしまうのかもね。
ってか、監督の性格からしたら、病気で落ち込むシェリルってのは、好きじゃないだろうな、と思うんだよね。
すでに病気なのはシェリル自身も理解してるようだから、残り僅かな命を、何かのために使う、歌う、っていう儚くまた逞しいシェリルってのが、監督の理想なんじゃないかと思ってる。
だからこそのシェリルの劇場版変更なんだと思えるし。


あとは漫画や小説だけど、作家の好みで、シェリルがメインだったりランカが主人公だったりするので、それなりにおもろしいかな。
ほんと、同人誌読んでるみたい。
だけど、流石、美樹本氏のミンメイはかわいいのぉ~
初代を読んでると、なんだかFの軽さというか、良く言えば手軽さや親しみ易さ、悪く言うと萌えに走りすぎてキャラの軽薄さが滲み出てくる気がする。
とは言っても、輝の未熟さはアルトと似たり、かな?(笑)

でも、今回は結構アルトとランカの絡みがたくさんあるので、アルランさんにはお勧めよ~
あ、あと偶然にも、「レジェンド・オブ・ゼロ」に絡んだ話が載ってて、そこにアキラ神島も出てくる~
へへへ、今描いてる5月用の新刊にも彼が登場してるんだよ。
ちょっと性格が違っちゃった気がするんだが、まぁ仕方ない。


で、レジの隣にこんなものがあったので、つい手を延ばす。
初めて我が家にバルキリーが!!


ルカ機1
ルカ機2



出たのは、ナナセデカールルカ機

色がすごくかわいいし、ナナセもかわいいので、これはこれで満足。
しかし、やっぱり欲しくなるよね、ランカデカールアルト機
シークレットってあるけど、出てないシェリルデカールに決まってるじゃん。
けど、もしやVF-27ブレラ機だったら、欲しいぜ~


ああ、こうしてまたもや余計な出費……

いいのか、母よ



スポンサーサイト

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

マクロス・フロンティア | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<やッばり買った | ホーム | 心は5月へ>>

コメント

私の手元にもあります~、まだチラミしかしていませんが…ミンメイ、というか、やっぱり美樹本さんだな~、と。あとはやっぱり現代人は「戦争」実感がどんどんなくなっている、そういう時代だからしょうがないのかな~、なんて。アルランには悪くない本の印象でした。
2010-03-30 Tue 22:02 | URL | 須賀さくら [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。