Paranoid Frontier

Honey Pharmacyの活動情報、作品感想、ボヤキ等オタク嗜好丸出し中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マクロスに哲学を見る?

某国営放送にて再放送中の「ハーバード白熱教室」を観た。
アメリカ、ハーバード大学で学生に大人気の教授の政治哲学講義、初の一般公開放送。

って、なんだか畑違いな話題ですみません。
かなーりお堅い話になるので、興味ない人はスルーでよろしく。




テーマ「殺人に正義はあるか」
仮に自分がバスの運転手だったとして、その運転する車のブレーキが故障するというハプニングが起きたと想定する。
バスに乗っている乗客は5人。このまま暴走すれば間違いなく全員死亡するとする。しかし、ハンドル操作だけはできるので、何かにぶつけて止めることは可能。
そのとき前方に1人の人間を発見。その人にぶつければ車は止まり、バスの乗客は助かる、という仮説の元での、自分の判断は?

なぞなぞではないので、ひねった答えが必要なのではなく、あくまでも自分と乗客5人と、無関係でたまたまいた1人の人の命についてだけ論じる事とする。

大多数は
「1人の命よりは自分+5人の命を助ける事を優先する」

この選択は正しいのか?
という人間の道徳心についての論争。

6人対1人では数だけ見れば確かに、より人数の多い人を助ける方を優先するのは間違っていない。
しかし、何もしなければ乗っていた人たちの運が悪かった、で済むことが、まったく無関係の人を利用して自分が助かる、という選択は、人としてどうなのか?

今度は立場を変えて、自分はその暴走しているバスを、橋の真上から見ていたとする。自分の隣には、とても太った人がいる。その人を橋から突き落としてバスを止める事が可能。
自分はどうする?

ほぼ全員
「それは明らかに殺人行為だからやらない」

同じ1人対6人の命なのに、何故違うのか?
犠牲になった1人の人間の家族は、誰にその悲しみをぶつければいいのか?


と、こんな内容の話。
これを見ていた自分は、このとき、ふと
マクロス23話のアルトの台詞
「ここで懸命に生きようとしている人たちがいる。…(中略)ランカの歌が俺たちを殺そうとするなら、俺はランカを殺す」
ドラマCD収録「トリガー・ブルー」のアルトの台詞
「何かを守るために何かを犠牲にする」
を思い出してしまった。
アルトの選択は、人として間違ってはいない。
その結果として、多くの命を救った者として、誰からも称えられるだろう。
実際、現実では、多くを救うために、自らの命を削っても歌ったシェリルは視聴者に賛同されているし、価値に値する行動をしている。
だが、本人は本当にそれで満足できるのか?
誰かの犠牲の上にある命は、どうあるべきか?


ここでもうひとつの判例を挙げる。
実際に過去イギリスで起きた事故の話。
嵐で船が沈没し、運良く3人の人間が助かった。1人は孤児の少年と家族を持つ大人2人。
何日も飲まず食わずで炎天下の元、救助を待ってる3人は、究極の選択をする。
1人を殺して2人が生き残る。
最初はくじでその1人を決めようとしたが、少年が反対したため無しとなった。
いよいよ限界になり、1人の大人が少年を殺し、血液を飲み、2人は生き延びて助けられた。
2人は裁判にかけられるも、陪審員により無罪。
2人には待っている家族がいたが、少年には誰もいない。
しかも精神状態も極限に達しており、道徳心よりも本能が勝ってしまうのは、仕方なかった。
それなら待っている家族のために帰って来る事が必要だった、との見解で、世間もほとんどがそう判断した。
さて、この場合の1人の命の重さとは?


多くの人間が同意する意見が、ほぼ正しい選択ではあるのだが、その裏にある少数の意見は本当に間違っているのか?
少数の意見の背景にあるものは、無視してもいいのか?
そもそも人間の価値を誰がどのように決めるのか?

マクロスがこんな大層な問題を抱えて作られてはいないだろうけど、こういう視点で観てみる娯楽ってのも、たまにはおもしろいかと、自分は思ったわけ。
それに、自分では考えもしなかった意見や考え方を聞く事は、とても興味深く、目線を変える事により、また違った見解も可能になるというのは、実におもしろい。
完結編でも今出てる情報の中に
「何かを得るために何かを捨てる」
なんて、またアルトが究極の選択を迫られるみたいだけど、さて、どうなる事やら。


興味が湧いた貴重な人は、今夜も25時から別のテーマで放送するので、観てみたら?
ほとんどの人が見ることのできないレアな講義だから。
だってハーハード大学に入れる人、日本人で何人いる?って話。(苦笑)
今年入学ゼロだったらしい。
ちなみに今夜は、東大での講義の模様。





スポンサーサイト

フルメタル・パニック | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<色々と出るんですねぇ~ | ホーム | カラオケ背景始まりました☆彡>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。