Paranoid Frontier

Honey Pharmacyの活動情報、作品感想、ボヤキ等オタク嗜好丸出し中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

これなら…


もうみんな分かってますよね。
これならTVの方が良かったな、と思います。
思いますが…ほぼアルランシーンが満載なのはどうしたら~~(泣)
監督が「結果じゃなく、過程を観てほしい」と言ってたのは、どうやら大人の事情が絡んでる気がしなくもない。
だって、告白シーンまでは
ガッツリアルラン満載だよ~~~~~











以下ネタバレ


シェリルのボディカード兼監視にSMSが借り出され、アルトはブレラと同じコート姿。
ランカに見られて気まずそうなアルト。ランカはシェリルに、自分のライブに来てくれ、とチケットのような鍵付きコンパクトを渡す。
ランカが勇気を出してアルトに、SMSの慰安旅行の日に一緒に過ごして、と頼むと、ブレラが「この男はやめておけ」と阻止され、アルトはランカの耳元で「後でメールする」と囁く。

アルランデートで楽しげ。
いつもよりもはしゃいでるランカにアルトは気づき、ランカはバジュラのお腹の中での事、バジュラにも心があるんではないかと告げる。
アイモを歌うランカに、鳥が集まる。その姿を見てアルトの目は輝く。
「俺の命に代えてもバジュラからお前を守る」とランカへ。
その時風で帽子が飛んで、帽子掴むと同時にアルトはランカに抱きつく姿勢。オズマに怒鳴られて2人離れる。

アルトが怪我をしたと、シェリルとランカがかけつけ、ちょっとの差でシェリルが先に到着。
ランカが屋上でアルトにすがって「もう飛ぶのはやめて」と泣くシェリルを見て、「ごめんなさい、わたし…」と駆け出して転ぶと、アルトはすぐにランカに車椅子で近寄ろうとする。ところでシェリルスパイ容疑で逮捕。
アルトはシェリルに裏切られたと、イヤリングを捨てようとするが出来ない。それをランカが見ていた。

ランカがシェリルの面会に。
「シェリルさんと一緒に歌ったとき、2人の歌が重なって、ひとりぼっちじゃないんだって。」
「シェリルさんはアルトくんの事を…。」
「好きよ。でもこれは2人だけの秘密にして」

ブレラはもともとランカの兄だと自分で知ってて、ランカにそれを告げる。
その後、三島の策略がSMS内で発覚し、シェリルを助け出そうとランカが提案。
監獄への慰問ライブで、ミシェル、クラン、カナリアのバンドに、何故かゴスロリ姿のアルト!!!
みんながランカのライブに熱中するのに紛れて、アルトはシェリル救出。
「言ったろ、お前はひとりぼっちじゃないって」(確かに/笑)
無事シェリル救出したと思ったら、ブレラに襲撃される。アルトはランカを守ってる(シェリル後ろにいるのに)オズマとシェリルが船団の外を吸い出される。このとき、シェリルは気を失ってるランカをアルトに飛ばして、自分は犠牲に。

オズマとシェリルが死んだと思ってる面々が、最後の戦いへと向かう。
ランカは「必ずバジュラに歌を届けるから、だから必ず生きて帰って来て」と、アルトへ告白。「言わないで。答えを聞くと歌えなくなるから」(TVのシェリルと同じだ…)
それを聞いてアルトはランカを抱き締める。
「放課後オーバーフロウ」はランカが作詞した歌。
バジュラ星空でグレイスがボロボロになりながら生存。と、オズマとシェリルはアイ君のフォールド派でそこに飛ばされていた。
戦いの中フォールドクォーツの影響で、アルトはシェリルに幼い頃に、ギャラクシーで花束を持ってきた少女がシェリルだと思い出す。
シェリルとランカのラストステージ。
バジュラの痛みや悲しみを感じたアルトは、「信じてくれ、俺たち人間はお前たちの敵ではない!」とバジュラに訴える。
ブレラに「本当の心を取り戻せ」と叫ぶアルト。自ら呪縛から解かれ、バトルフロンティア(たぶん)に突進。爆破。
マクロスキャノンが撃たれ、アルトは機体から脱出し、ランカへ
「ランカ、ごめんな。お前の気持ちに応えてやれなくて」
「ずっと待たせてごめんな。シェリル、俺はお前を、あい…」バジュラクィーンと消滅。

シェリルは深い眠りについて、ランカの血を輸血して、生き延びて快復を待ってる状態。ラストにイヤリングが光ったから、もしかしたら目を覚ましたのかもしれないけど、とりあえずはまだ不明。
とりあえず死体は無いから、アルトは生死不明。





ランカにはアルトもシェリルもいて、3人でひとつのトライアングルだったのに、その2人がいなくなってしまって、そしてブレラという兄に会えたのにそれさえも生死不明で、これからは一人で3人の分まで生きて歌っていかなくちゃならないんだよね。
生き残ったから幸せってわけでもない。


つまり、
なんだかんだとモヤモヤモヤモヤモヤなわけです。
アルランシーンが満載で、だけど最後の思い出のシーンで、シェリルを愛してるんだ、と気づくって感じのアルト。
「ずっと待たせて」って事は、あの幼い頃の記憶だけで、アルトはシェリルが自分の事を好きだって思ってたって事なんだよね。
それってどうなんすかねぇ?
それまで忘れてた記憶なのに。
だから、あまりにも突拍子もない告白に
「え?」ってなってしまうんだよねぇ。
「あい…」がなければ、
ランカの「必ず生きて帰って来て」という願いに「応えられなくてごめん」とも取れるわけだし(ちょっと強引だけど/笑)

TVの塗り直し的なところが多くて、ランカの台詞もシェリルと同じだし、アルトの最後も、ミシェルの告白して死ぬとこと、そっくりだし、その分、ミシェルは生きてるし、ルカとナナセは知り合いでもなんでもないし(ナナセはランカのマネージャー)これはTVとはまったく違うものとして、捉えた方が良いという結論。
なので、ちょっと今、気持ちの整理がつかなくて、HARUもSCCもどうするかな~って感じです。

本当にアルランシーンが満載なだけに、残念でならん!!!

でもまあ、途中まではすごくハラハラ、ドキドキするから、もう1回くらいは観ようかな。
戦闘シーンは、相変わらずハンパないし。
あ、あとイサムさん登場は鳥肌もんでした
声だけなのに、なんであんなにかっこいいのぉ~~?!(笑)




スポンサーサイト

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロス・フロンティア | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ちょっと落ち着いてきた | ホーム | 終わった…>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-02-26 Sat 16:07 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-02-27 Sun 02:23 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。