Paranoid Frontier

Honey Pharmacyの活動情報、作品感想、ボヤキ等オタク嗜好丸出し中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

泣かせやがるぜ、この野郎

やっと届いた~

再度美しアルトさん載せてやる。




ブックレット開くのが怖いなんて、初めての経験だよ(苦笑)


あ、案外気を遣って作ってくれてるかんじ?
あ、でも、やっぱりアルトとシェリルがツインで載ってるわね。ははははは

うっ…!!!
放課後……ダメだ、これは。
アルトさんの首部分なんていらんだろーーー
でも見開きって事は、一番のポイントな部分なんだろうからなぁ。

とりあえずこれで第一段階クリア!


次はいよいよ音源。




くぅ~~~~~
やっぱダメだ…

くまくま聴いてホロリ…
アイ君と私でジーン…
島アイモでジワッ…
放課後でグスッ
サヨナラノツバサでボロッ…
ホシキラでドバーーーッ


なんだよ、これ。

泣かずに聴けないじゃないか…

ランカが
「愛してる~」
って歌う度に悲しくなる。
切なくなる。
でも、本気で愛してたんだよね。
恋に恋するランカなんて言わせねーよ



「ホシキラ」はほんと、ヤバイ。
これはランカの歌として書いてくれたんだよね?(当たり前だ)

「生まれ変わっても、君を見つける」
「何度でもまた会おうね」
「もう夜に振り向かない こうしてまた出会えるから」

「ふしぎ遊戯」思い出したのはあたしだけ?(オイオイ)
ってのは、冗談で、アルトとランカには、そんな絆があると思えるんだよね。
たとえば今世では夢を追いかける2人として出会ったけど、次に会うときは、ライバル(何のだ?)になってるかも、そしてまた次には恋人同士かも、とか。
いろんなシチュエーションで出会う2人がなんかいいかも。


とりあえず今後発売されるものは、無視する方向に決めてはいるんだけど、ランカアルバムだけはなんとか出してくださいませんかねぇ。
正直、劇場版のおかげで、ランカの人気もちゃんと上がってますしね。
いいんだか悪いんだか、でも、結果的には良いんですね、制作側としては。
これが狙いなんだろうから。


ってか、修正しないとならないヒロインてどうなんですかねぇ…
もうちっと上手くやればよかったものを…と、今更ですが、非常に残念なり。
でも、理解できる人には出来たんだけどね。



拍手レス
さくら様
そういえばマクロスってのは、実に便利なもので、劇中劇設定ってのがあって、マクロス世界の中にいるキャラたちが演じてる物語のひとつが劇場版、というスタンスってのもあるんですよね。
そういう意味ではなんでもありなんですよ。
だから監督も、楽しんで作ってるって感じがして、それはそれでいいかと。
ラストは、シェリルが少し口を開いてイヤリングが光った=目覚めた=アルトが帰還を示唆してるんだって。
そこは、最後だからいいよね、って感じで、監督がせめてもの救いにと、追加した部分なんだよね。
どこまでお人好しなんだか(笑)
でも後味悪いからそれで劇場版は良かったな、と思ってるよ。




スポンサーサイト

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロス・フロンティア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<茨城県民です | ホーム | 監督…いいんですね?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。