Paranoid Frontier

Honey Pharmacyの活動情報、作品感想、ボヤキ等オタク嗜好丸出し中~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

のだめに学べ!?

モテる男の扱い方


迫るだけ迫ったら、次は突き放せ!



のだめの最新刊を読んで、あのオレ様千秋が、のだめに振り回されているのが、たまらなくおもしろかった
好き好き好き~って、あれだけ言ってたのだめが、千秋の元を離れてシュトレーゼマンの所に行ってしまい、連絡も取れず、会いに行っても断られる。
このなんとも言えぬ爽快感(オイッ)
モテ男くんはさ、追いかけられる事に慣れすぎて、自分がおいていかれるなんて、夢にも思ってなかったんだろうな。

あれ?
これ、どっかの誰かに似てない?


ああ、ブレラに横取りされたアルトか。(最初からそのつもりで書いてるだろ!
おそらくシェリルとの事がなければ、アルトもイライラ、ムカムカ、ショボボ~ンだったハズなんだよなぁ。
だって、訳も良く分からないまま他の男と旅立ってしまったんだもんね。
しかも、告白とお別れ付きなんて、俺はどうすればいいの?な感じだったと思うんだな。
なんというか、あっちの子の事も考えなくちゃいけないし、こっちの子もほおっておけないし、で、一番逃げたかったのは、実はアルトだったのかもしれないけど、でもな、やっぱり、今思うと、「ランカを殺す」思考ってのは、ちょいと単純脳すぎて、あまり好ましくはない。
とことん真実を追い求めてほしかったよ、本当は。
主人公なのに、戦いの原因さえ突き止められなくて、しかも、周りから言われるまま疑いもせず…って、なんかやっぱアルトはいまいち君だな。(笑)
この辺りを劇場版では、どう変えてくるのかが楽しみだったりするんだけどね。
たぶん「殺す」選択はしないと思うね。
って、エヴァのアスカがもしあのアルトの会話を聞いてたら

「あんたバカ?自分の目で真実確かめもしないで殺すわけ?」

って言いそうだな、なんて思ってひとり笑っちまった。(怖っ)
まあ、とにかく、置いていかれたアルトは、ランカの事が本当は気になって仕方なかった、と、自分の中では処理する事にした。
ああ、なんて平和。(?)


さて、話はガラリと変わって、こんなところにマクロスもどきを発見



「花形」(新訳「巨人の星」)の新しい登場人物。

花形2
かわいい顔して実は腹黒(笑)


花形1
人気アイドルで女王様性格。


なんとなーく……ね。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

マクロス・フロンティア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<結局オンリー間に合わず…か | ホーム | ちょっと脱力中・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。